そうです、私が○○なおばさんです。

お久しぶりです、ツヤ子です。

4月からいよいよ正社員になり、バリバリと音を立てて働いております、ツヤ子です。
周りを見渡せば優秀なひとばかり・・・いわゆる大人の社会というか会社というかそういうホラ、
諸星大二郎先生の漫画にあった、会社のお化け的な空気もなんとなく感じつつ・・・。

片方で自由やきらびやかな憧れに胸ときめかせ、会社では優秀でありたいと欲をだし、
さてはそうではない自分におののいたとき、

そう、

おののくんですよ、我を忘れて、うっかり、

あれ?あたし優秀じゃない!とかあれ?ヤバいイマイチ輝いてない!自由はどこじゃ!とか、

あれ?あたし性格悪っ!とか、ヤバい今全男子をエロい目で見てる!

とか。

そしてふと思い出すの。

嗚呼、それがあたしじゃないかと。それが生きるってことじゃないかと。

ほっとするよね、その瞬間。

いいじゃない、減るもんじゃないし・・・

 

優秀で人と比べず、楚々として、

例えばこの雨のように、

なれっこないとなんども綴りながら、それでいいじゃないと納得しながら、

忘れて、

また思い出して。

 


3件のコメント

ツヤ子 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA