個展やります。きてね。

http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT184/tsukue_tsuyako.html

机ツヤ子個展
「フロッタージュ家の肖像」

日:2018年4月17日(火)~4月22日(日)
時:11:00~20:00(最終日は18:00まで)
レセプションパーティー
2018年4月21日(土)16:00~19:00

場所:2F ACT4

web:http://tsukue-tsuyako.com/
E-mail:info@tsukue-tsuyako.com
http://www.instagram.com/tsuyako24/

「フロッタージュ家の肖像」

あの理解した恋人のふりをする奴は誰だ。ツヤ子!許すまじ!

お父さん、やさしくなれるはずと祈った昨日がありました。
毛穴からあふれる比較を先ずはプチプラコスメでごまかして、
さては服飾セールで着飾って、それで先月は済みました。
少しの足りないは、日々少しのアルコールで埋めました。

お母さん、自分よりちょっと馬鹿なあの子なら、
知っていると思ったのです。
この葛藤が病じゃないと。
あの子は教えてくれました。
それは通常運転で、それが生きるということですと。
わたしはそれを愛しましたが、そのうち静かに、消えました。

この静けさをどうしましょうか。
コスメも服飾もアルコールも誰かの色香も慰めも、今日のところは静かです。
退屈は敵である。遊び盛りの息子よ、敵が来たぞ。
さぁ変身したその赤で、ヒーローを呼んでくれ。

静けさは青で塗りましょうか。飽きたら黒でつぶしましょうか。
もっと飽きたら白くなくしましょうか。
金色は、黄色と茶色で作れますから、心配ありませんよお姉さん。
どうしましょうこの金は。ふるさと納税、しましょうか。

ふつふつと、贅沢が沸いてきます。
嗚呼こんな風に只生きてるだけで、楽しんでもらえるなんて。
上から目線か、己~、ツヤ子!許すまじ!

そんなことおっしゃらないで、一生懸命描きましたから。
皆さまどうか、楽しんで。
机ツヤ子

ビッチ、全てを救う~100年の孤独~(仮

来年4月に個展開催決定!
ふるえてまて!

しかしいそがしい。余裕がないんだけど、パワフルにもみえるかな。みえないか。
いそがしいんですよ、ずっとおんなじことやってないの。

私という人間はずっとおなじとこにいるのに、という愚痴を滔々と皆さんに披露する、個展。
それでなくても人間小さくていっぱいいっぱいなのに、
ここに来てさらに絵を描こうとするパワフルじゃないゆえのパワフルさ、爪の垢でも煎じて呑み賜え。

君のために描くんだよ。

そうです、私が○○なおばさんです。

お久しぶりです、ツヤ子です。

4月からいよいよ正社員になり、バリバリと音を立てて働いております、ツヤ子です。
周りを見渡せば優秀なひとばかり・・・いわゆる大人の社会というか会社というかそういうホラ、
諸星大二郎先生の漫画にあった、会社のお化け的な空気もなんとなく感じつつ・・・。

片方で自由やきらびやかな憧れに胸ときめかせ、会社では優秀でありたいと欲をだし、
さてはそうではない自分におののいたとき、

そう、

おののくんですよ、我を忘れて、うっかり、

あれ?あたし優秀じゃない!とかあれ?ヤバいイマイチ輝いてない!自由はどこじゃ!とか、

あれ?あたし性格悪っ!とか、ヤバい今全男子をエロい目で見てる!

とか。

そしてふと思い出すの。

嗚呼、それがあたしじゃないかと。それが生きるってことじゃないかと。

ほっとするよね、その瞬間。

いいじゃない、減るもんじゃないし・・・

 

優秀で人と比べず、楚々として、

例えばこの雨のように、

なれっこないとなんども綴りながら、それでいいじゃないと納得しながら、

忘れて、

また思い出して。

 

彼と僕と君とわたしは。

私が「彼がさみしいさみしいと」といえば、

彼が「僕のことかい」ときいてくる。

私が「僕」の絵を描けば、

誰かが「僕に似ている」と言っている。

本当の「彼」とはだれだったっけ?わすれても、

私はこころとあたまをつかってそうやって、

いつも君を君を、そして君をはげましている。

ごめんね桃李。

「結婚しない生き方」を語るアフロヘアーにドスッピンのアラフォー女性について、「この人どう思いますか」と聞いてくる同僚。

てめぇ!確信犯だろ!

「そのアフロヘアーも数ある選択肢からの厳選ですか、ってとりあえず聞くよね。」

とにかくどんな生き方でもいいから生きるってことだと思う。じゃないと死ねないってなんかで読んだな。

それすら堅苦しいよな。いいじゃない皆どっこい生きてんだよ。

イチイチカテゴライズすると見ててこっちが圧くるしいぜ!

どうすんの明日松坂桃李にプロポーズされたら。

あたしなら覆しちゃう、結婚しない生き方。

でも結婚しちゃってるからな~あたしな~

桃李・・・どうしよう。

でも子供いるしな~

やっぱり・・・あたしなら・・・。

クネクネ男子好き。

なにかっていうと

一生懸命働いたりしてた。あっという間に時間がすぎる。
正社員になったんだけど、、、プレッシャーに弱いからな~
なんだかもうまともになっちゃってドキドキする。。。
65まで働けますって。そうね、そうそう。
お母さんが守ったるのである。

私はまともになりたい。いつだってそう。

程よく、バランスをとらないと。
私は一生懸命バランスをとって生きている。
だから私にシェアしないで法則。

みんなそれでいい。

こうあるべきっとおしゃれな顔してオナラぷーだわ。

 

ところでGWは絵を描きます。
がんばります。

愛してるよ、だから応援して。

 

メリークリスマス。

わたしはあばすれです、と語っていいのは現役のみ。

こんばんわ、机ツヤ子です。

男の誠意とは結婚だけ。

バーイ、CHANEL。

 

芋焼酎温めて飲んでる。

やるのもやられるのも

本気出していこうぜ。

草々。

お母さんになって、変わった。
例えば子供がかわいいってこと、他所の子も全員かわいい。長らく唱えた性悪説は、性善説じゃぁないかと思い始める。ひどく恐ろしいニュースなぞは本当に恐ろしく、皆が声を殺すニュースなぞは真っ青になるほど恐ろしい。身体は私の長らく知った感覚ではなく、感情は子供に真っ直ぐでその他はチラチラと散らばってまとまらない。忙しいなか考える。やっぱお母さんでしょ、ってのは本当か。うまくのせられちゃないか。何にのせられたのか、はて、女か、男か、アレか?この忙しさは何か、世代交代か、子供を捨てた芸術家の本当の理由は何か、それを知る必要があるのか、なんのための手続きなんだ、カネか?ひとか?私は社会的にまともになったか、まともってなんだ?って思うのはまともじゃないか。

こういうのはどうやって散らしてきたんだっけ?酒とか恋とかダンスとか、絵描いたりとか、漫画描いたりとか。

そうかそうか、だけどお母さんが酒とか恋とかダンスすると何か汚いのはなんでなんだ。汚さにユーモアが宿るのはなんでだ。スナックの女将はちょっと汚いほうがいい感じなのはなんでなんだ…。

生きるって何だ。時を過ごすことだと父が言う。選択して時を過ごすことだと誰かが言って、だからなんだ。で、どうなんだ。私は美しく在り得るのか。

変わるものかよ草々。

どこに至って夕日がちょっと悲しいとか思っちゃう奴には同じことなんだから。

51Z+eAtkssL__SX347_BO1,204,203,200_つまりこういうこと。